食後に食べ物が詰まりやすくなったら歯周病や虫歯を疑いましょう

みなさんこんにちは!

池田市井口堂にある「正木歯科医院」です。

 

みなさんは食後に食べ物が歯に詰まることはありませんか?は

お肉料理や繊維質な食べ物を食べたあとに食べ物が挟まりやすくなってしまった方はぜひ歯周病や虫歯を疑いましょう。

 

  • 健康なお口は挟まりにくい

虫歯や歯周病がない健康なお口では食後に食べ物が挟まることはほとんどありません。

これは歯と歯の隙間が適切だからです。

また、歯茎も退縮しておらず健康です。

歯茎が歯周病などで退縮してしまうと歯と歯の間に間隔が出来やすくなります。

 

虫歯ができている場合は歯に穴が空いていることが多く、そこへ食べ物が詰まります。

 

  • 健康に越したことはない

しかし、患者様の中には食べ物が詰まりやすくことに危機感を感じていない方もいます。

食べ物が挟まることで歯周病が進行するリスクも高くなるため出来るだけ早めに治療を開始することを推奨しております。

関連記事

  1. 歯磨きはどれくらいしたらいい?適した時間を紹介します

  2. 歯磨きは1日3回しなければいけない?歯磨きサイクルについて解…

  3. 口臭の原因を理解して予防しましょう

  4. 妊娠中に歯茎が腫れる?妊娠性エプーリスについて解説します

  5. 摂食障害は歯科医院での対応も検討しましょう

  6. ホワイトニングだけをしても「歯がきれい」にはなりません!