妊娠中に歯茎が腫れる?妊娠性エプーリスについて解説します

みなさんこんにちは!

 

池田市井口堂にある「正木歯科医院」です。

 

 

妊娠中の方は女性ホルモンのバランスが乱れることで様々な症状がみられます。

歯科分野においては妊娠性歯周炎や妊娠性エプーリスという疾患が発生しやすいです。

そこで今回は妊娠性エプーリスについて紹介していこうと思います。

 

  • 歯茎のデキモノ「エプーリス」

エプーリスとは、歯茎に限局してできる腫瘍のようなものです。腫瘍ではないですが形が腫瘍に似ているため、「腫瘍のようなもの」と表現しています。

エプーリスは良性なので除去する必要はないですが、どうしても歯茎にデキモノがあると気になってしまう方がいるため切除することがあります。

 

妊娠性エプーリスは女性ホルモンの影響で発生しているエプーリスで、多くは出産とともに消失します。場合によっては切除することもありますが、局所麻酔を使用したくない方や抗生物質を服用したくない方が多く当院でも進んで勧めるようなことはしておりません。

 

妊娠中のお口のトラブルにもまさき歯科は対応しております。

関連記事

  1. 歯がしみると知覚過敏?歯がしみる方は歯科医院で処置を受けまし…

  2. 歯並びと歯磨きの関係!歯並びがよければ虫歯になりにくいです

  3. 歯磨きは1日3回しなければいけない?歯磨きサイクルについて解…

  4. 入れ歯は適度な温度できれいにしましょう

  5. 妊娠中の方もお口の中は清潔に保ちましょう!

  6. 歯ブラシの選び方を紹介!定期的に交換しましょう